返回首頁
大台灣旅遊網2017年4月27日 星期四
海口美蘭国際空港、中国初のスカイトラックス5スター地方空港に
海口美蘭国際空港、中国初のスカイトラックス5スター地方空港に

【海口(中国)2017年4月7日PR Newswire=共同通信JBN】

海口美蘭国際空港は7日、国際的な航空輸送の評価機関Skytrax(スカイトラックス)(http://www.skytraxresearch.com/ )から5スター(5つ星)地方空港と評価された。これにより海口美蘭国際空港は中国初のSkytraxの5スター地方空港となり、世界では8番目の5スター空港となった。

Skytraxのプレジデント、エドワード・プレステッド氏が海口美蘭国際空港の王貞会長にメダルを授与
Skytraxのプレジデント、エドワード・プレステッド氏が海口美蘭国際空港の王貞会長にメダルを授与

1989年設立でロンドンに本部を置くSkytraxは、世界の航空会社および空港における顧客経験の改善に尽くす国際航空輸送の評価機関である。

栄えある5スター地方空港評価は、2016年にSkytraxが導入し、主に地方路線の運航に重点を置く空港の適正な評価が可能となった。これらの空港はグローバル・メガハブではないものの、顧客に最高品質のサービスを提供し極めて厳格な5スターの要件を満たす。

2011年、海口空港はサービスコンセプト「優れたサービスでより高く(Reaching Higher with Service Excellence)」を導入、最前線の全サービス機能において基準となる運営手順を導入・監視・洗練することによって乗客サービスの継続的な改善に注力している。

最前線のサービス水準の向上と並行して、大規模な建設計画が数件進行中である。これらすべてのインフラ計画の目的は海南島のユニークな熱帯の伝統を視覚的に表現することである。

新しくより良いアメニティの導入もまた、海口空港での滞在時間をさらにリラックスしたストレスフリーなものにしている。

Skytraxのエドワード・プレステッド氏は「われわれは数年かけて海口空港で監査を行い、その重要で前向きな変化を追ってきた。海口空港の職員は空港職員として最高ランクを獲得し続けている。われわれは、最近のインフラおよび運営水準の刷新で海口空港が5スターレベルの優れた乗客体験を提供可能となったことをうれしく思う。海口空港がますます膨らむ乗客の期待に応えそして上回る乗客体験を提供し続けると確信している」と述べた。

海口空港は、効率的な交通網と海南島のすべての主要都市から空港ターミナルに直結する高速列車を含む多様な交通手段によりアクセス可能である。

ここ数年間、海口空港の利用者数は順調な伸びを続け、2016年には1880万人に達した。

「すべての乗客のためのより快適で非常に優れたターミナル経験をどのように創出するか」との問いに、海口空港の王貞会長は「海口空港のキャパシティー要件と乗客の高まる期待を一層満たすための適切な方策を取り、われわれは新国際線ターミナル、新たな西ウイング・ターミナル、海口空港都市の建設という大規模な拡張計画の実行を決定した。これら新施設の建設に加え、古いターミナルビルは完全に再建され、空港アクセス道路は拡張・改善されている。これらの大規模プロジェクトと十分に訓練を受けた献身的なサービス職員の組み合わせは空港を変え、乗客体験を向上させてきた」と語った。

海口空港の優れた顧客サービスを維持し改善することは、ますます多くの利用者と航空会社を受け入れ続ける当空港の最優先事項である。Skytraxの5スター地方空港評価は大変な名誉である。この栄誉ある評価は全空港職員の献身に対する賛辞であり、全員が一丸となって可能な限り最良の空港体験をすべての乗客に提供し続ける大きなモチベーションである。

ソース:海口美蘭国際空港

Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20170407/0861703405

Fri, 07 Apr 2017 14:27:00 +0800
Diaoyutai Hotel HangzhouがTTG中国の「華東のベストシティーホテル」に

【杭州(中国)2017年4月6日PR Newswire=共同通信JBN】TTG中国が主催する第10回2017年TTG中国トラベルアワード(TTG China Travel Awards 2017)でDiaoyutai Hotel Hangzhouが「華東のベストシティーホテル(Best City Hotel in East China)」に選定された。

Diaoyutai Hotel HangzhouがTTG中国の「華東のベストシティーホテル」に
Diaoyutai Hotel HangzhouがTTG中国の「華東のベストシティーホテル」に

ギャリー・K・チャン氏は「このような栄えある賞を受けることはDiaoyutai Hotel Hangzhouの大変な栄誉である。この賞は最も特別な体験をゲストに届けするためのわれわれのたゆまぬ努力が認められたものだ。また、ホテルのゲストに可能な限り最良のサービスを提供する最前線にいる、われわれの献身的でプロ意識の高いチームメンバーへの表彰でもある」と述べた。

TTG中国トラベルアワードはアジアの最良の旅行・観光業界組織を表彰する。同賞は1989年の創設以来、アジアの旅行業界で現在最も切望され影響力のある賞とみなされている。すべての受賞者は昨年11-12月に行われた業界全体での投票により選出された。投票者はTTG中国、TTG-BTmice中国、TTG アジア、TTGインド、TTGmice、TTGassociations、TTG Asia Luxuryの読者ならびに旅行コンサルタント、ツアー催行者、デスティネーション・マネジメント企業など旅行業界全般によって構成される。

Diaoyutai Hotel Hangzhouについて

Diaoyutai Hotel Hangzhouは同社のポートフォリオで最初に開設されたホテルで、DiaoyutaiブランドがDiaoyutai MGM Hospitalityの企業リーダーシップの下に中国に導入する革新的なホスピタリティー・コンセプトのすべてを紹介する。

杭州CBD内と便利な立地の同ホテルは銭塘江を眼下に望み、有名な西湖から車で20分、杭州駅から同15分、杭州東駅から同20分、杭州蕭山国際空港から同25分の位置にある。

ゲストルームの特徴:ぜいたくな中華風の雰囲気を保ち職人技とテクノロジーを融合させている。川の眺望を楽しめる9室を含む162室の優雅にしつらえられたゲストルームはホテルの誇りである。部屋の広さは60平方メートルから315平方メートル。

Royal Court Chinese Restaurantでは、釣魚台料理に加え、杭州・江蘇・浙江から厳選された名物料理や最上の広東料理を提供する。釣魚台料理は一皿一皿に歴史があり、北京の釣魚台国賓館出身のシェフによるDiaoyutai Hotel Hangzhouの釣魚台料理は100%本物の折り紙つきである。

詳しい情報はhttp://www.dytmgm.com を参照。

Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20170405/0861703352

Thu, 06 Apr 2017 20:44:00 +0800
素晴らしい菜の花の季節に黄陵村が国際観光視察団を迎える

【黄陵(中国江西省)2017年3月30日PR Newswire=共同通信JBN】中国で最も美しい田園地帯の春を満喫するため3月24,25の両日、ラオスと東部・中部欧州からの48人の代表から成る2つの代表団が訪れた。代表団は地元政府や観光関係者とローカルサービス改善策や外国からの観光客に黃陵を宣伝する方策などについて話し合った。

Tourism delegations from Laos, Eastern and Central Europe enjoy the gorgeous spring in Huangling village, China
Tourism delegations from Laos, Eastern and Central Europe enjoy the gorgeous spring in Huangling village, China

ラオス代表団にはルアンナムター県党常任委員会委員兼同県農業・森林局長のシーパスート・カムレイ氏が含まれていたほか、ポーランド、スロベニア、スロバキア、アルバニア、クロアチアから国際的なNGO、シンクタンク、メディアの代表が参加した。

Wuyuan Rural Culture Development Co., Ltd.のウー・シャンヤン最高経営責任者(CEO)は「黃陵は素晴らしい菜の花の段丘と膨大な文化遺産で世界中の観光客を引きつけている。春の訪れと共に、リボン状に広がる段丘は黃陵を代表する金色の菜の花に覆われ、ラオスの代表団に感銘を与えた。代表団は菜の花の段丘を訪れている間中、黃陵の美しさを称え続けた」と語った。

黃陵の段丘状になった野にはさまざまな花が植えられている。この花の町は、季節の移り変わりと共にそれぞれの色に覆われ、ビジターにそれぞれ異なった景色を提供している。

代表団一行は素朴な石畳を通って散策し、黒と白の回族風の家々のそばを通り抜け、昔ながらの中国の田園地帯を眺めた。

この地方めぐりにはまた、黃陵の歴史・文化的遺産であるshaiqiuが紹介された。これは村人が収穫物を保存のため屋根に設けられた竹のざるに入れて天日干しする方法である。

ウーCEOはまた「黃陵には魅力的な自然の風景、長い歴史、多様な文化的伝統がある。美しい山並みと一年を通じて催されるさまざまな文化的活動により、旅行者はいつ来てもこの田園の村を満喫できよう」と述べた。

「他の国から訪れる人々との交流を通じてサービスをさらに充実させ、より良い体験を提供できるよう考えている」とウーCEOは付け加えた。

▽黃陵について

黃陵は中国江西省ブ源県に位置し世界中から観光客が訪れている。ユニークでエレガントな村は、歴史的な回族風建物を保存・維持しており本物の中国の田園の旅を体験できる。中国で最も美しい田園地帯と称えられ、色とりどりの収穫物が日の光を浴びているshaiqiuの独特の光景は黃陵でしか見られない。

Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20170329/0861703105

Thu, 30 Mar 2017 12:51:00 +0800
ギャラクシー・エンターテインメント・グループとモンテカルロ・ソシエテ・デ・バン・ド・メールによる戦略的パートナーシップ締結について

香港およびモナコ公国 2017年3月29日PR Newswire-- ワールドクラスの高級統合エンターテインメント・リゾート施設に関わるアジア有数の大手デベロッパー兼オペレーターであるGalaxy Entertainment Group(GEG)とモナコ公国のアイコニックな高級ホテル・リゾートの世界的に有名なオーナー兼オペレーターであるMonte-Carlo Societe des Bains de Mer(S.B.M.)は29日、戦略提携の正式成立を発表した。

この提携は、関連事業と両社ブランドを強化し、アジア太平洋地区で統合型リゾート(IR)プロジェクトなどエンターテインメント事業の開発・運営で協力する相互コミットメントを含んでいる。今回の合意発表は2015年7月のGEGによる対S.B.M.戦略投資に続くものである。

モナコ大公のアルベール2世殿下はGEG会長のルイ・チェウー博士、フランシス・ルイ副会長、マイケル・メッカ社長との会合に際し、Monte-Carlo Societe des Bains de Mer(S.B.M.)とGalaxy Entertainment Group(GEG)がアジア太平洋地区全域の未来プロジェクトなどいくつかの機会で協力する戦略提携(2015年7月24日調印)を全面的に支持すると繰り返した。

GEGとS.B.M.の発表は、日本に将来IRを導入する道を開く「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案」(統合型リゾート推進法案)を参議院が可決した約3ヶ月後に行われた。

モナコのセルジュ・テル国務相は最近訪問したマカオで、GEGのアジアで名高いワールドクラスの高級統合型リゾート、S.B.M.のモナコにおけるアイコニックで高い評判の豊かな歴史、および大公の決定に言及して、この戦略提携に対するモナコ政府の承認を確認し、両社が互いの事業ポートフォリオとブランドに提供できることを評価した。

GEG会長のルイ・チェウー博士とS.B.M.のジャン=リュック・ビアモンティ会長兼最高経営責任者(CEO)も、共同の取り組みへの相互コミットメントを繰り返した。

GEG会長のルイ・チェウー博士は「世界有数のアイコニックかつ高級ホスピタリティーブランド、S.B.M.の戦略パートナーとして協力できることは光栄である。われわれは2011年に旗艦施設のGalaxy Macauを開業して間もなく、世界で最も豪華な統合型リゾートのいくつかの開発、運営で定評を得ており、S.B.M.とともに、顧客が今後楽しめるさらに高級なホスピタビリティー・エンターテインメント体験をつくることを期待したい」と語った。

S.B.M.のジャン=リュック・ビアモンティ会長兼CEOは戦略提携について「S.B.M. とGEGの企業哲学には共通点がある。従業員と地域社会、環境をサポートする深いコミットメント、ワールドクラス・リゾートの設計・サービスの最高水準維持は全て、S.B.M.自身の企業理念を反映している。GEGのアジアにおける成功は、S.B.M.ポートフォリオの貴重な強化になるに違いない」とコメントした。

2016年12月に日本で統合型リゾート推進法が成立したのを受けて、両社は日本におけるIRの設計・開発・運営で共同で取り組む可能性に期待している。それはGEG、S.B.M.両社が提供する最高のものになるはずである。

この世界的でアイコニックかつ高級なリゾート・エンターテインメントの2社からは今後、事態の進展に関するニュースが発表される。

報道関係問い合わせ

Galaxy Entertainment Group – Investor Relations
Mr. Peter Caveny / Ms. Yoko Ku / Ms. Joyce Fung
Tel: +852 3150 1111
Email: ir@galaxyentertainment.com

Mr. Jeremy Walker
Vice President, Marketing, International Development
Tel: +853-2888-0888
Email: jeremy.walker@galaxyentertainment.com 

Monte-Carlo Societe des Bains de Mer
Mr. Jean-Louis Masurel
Director Monte-Carlo S.B.M. International
Tel: +377-98-06-61-02
Email: pr@sbm.mc

For images: http://www.galaxymacaulibrary.com/gallery/GEG-SBM-Partnership/G0000fNyzup5X5r8 
Password: international

Galaxy Entertainment Group についHKEx stock code: 27

Galaxy Entertainment Group Limited(GEG、またはグループ)は世界有数の大手ホスピタリティー・ゲーミング企業で、主としてマカオのホテル、ゲーミング・統合型リゾート施設を開発、運営している。グループは香港証券取引所に上場され、ハンセン株価指数銘柄である。GEGはマカオの営業許可取得企業6社のうちの1社で、革新的で目を見張る業界トップの資産、製品、サービスを提供した実績がある。それは一貫して大市場を上回る「World Class, Asian Heart(世界一流、アジアの心)」というサービス哲学で支えられている。GEGはマカオで3つの旗艦施設-コタイにある世界最大級の統合型リゾートGalaxy Macau(TM)(ギャラクシーマカオ)、隣接する新設ホテル・エンターテインメント・リテールランドマーク、Broadway Macau(TM)(ブロードウェイマカオ)、半島の受賞歴ある高級施設、StarWorld Macau(スターワールドマカオ)-を運営している。グループはマカオの営業権保有者の中で最大の開発パイプラインを持っている。コタイ不動産区画の第3、第4段階が完成すれば、コタイにおけるGEGの専有面積は200万平方メートル以上に倍増する。GEGはまた、マカオに隣接する横琴島の2.7平方キロの区画に国際レベルの低層、低密度観光リゾートを開発する包括協定を結んだ。このリゾートはマカオのGEG施設を補完して同業他社と差別化し、観光とレジャーのワールドセンターになるというマカオの構想をサポートする。GEGはさらに、特異な「World Class, Asian Heart」ホリデー体験をゲストに提供し、事業展開地のコミュニティーのために持続的な未来を構築することにコミットしている。グループに関する詳しい情報www.galaxyentertainment.com を参照。

Monte-Carlo Societe des Bains de Mer についてcode ISIN MC0000031187BAIN

欧州高級観光の主要事業者であるMonte-Carlo Societe des Bains de Mer(モンテカルロ・ソシエテ・デ・バン・ド・メール)は、モナコ随一の施設を保有している。伝説的なCasino de Monte-Carlo(カジノ・モンテカルロ)を含むカジノ4軒、Hotel de Paris Monte-Carlo(オテル・ド・パリ・モンテカルロ)、Hotel Hermitage Monte-Carlo(オテル・エルミタージュ・モンテカルロ)、Monte-Carlo Beach(モンテカルロ・ビーチ)、Monte-Carlo Bay Hotel & Resort(モンテカルロ・ベイ・ホテル&リゾート)のホテル4軒、名誉あるミシュランのスター計6つを獲得した4店を含むレストラン33店である。150年に及ぶ歴史がこの伝説的なリゾートの情熱を形成し、ギャンブルおよびエンターテインメント、高級フランス料理、名高いホテル、ぜいたくなショッピング、ウェルネス、不動産の卓越したイメージと国際的な評判をつくり上げた。国家の経済、社会、文化発展の守護者として歴史的な役割を担ってきたMonte-Carlo Societe des Bains de Merは2018年12月、Hotel de Paris Monte-Carloの華麗なリノベーションを披露する。グループはまた、新区画One Monte Carloの開発を主導している。住宅、オフィス、会議室、レストラン、ショップからなる新築ビル7棟は2019年に完成する予定。Monte-Carlo Societe des Bains de Merはフォーミュラ1レース、モンテカルロ・マスターズなどモナコで行われる主要イベントのキーパートナーの1つでもある。グループは現在、4100人以上の従業員を抱え、2015-2016事業年度に4億6140万ユーロの売上高を記録した。グループに関する詳しい情報www.montecarlosbm.com を参照。

Logo - http://photos.prnasia.com/prnh/20170328/8521702012LOGO

(日本語リリース:クライアント提供)

Wed, 29 Mar 2017 15:00:00 +0800
中国国際航空、2017年の夏秋スケジュールを発表 ハブベースのネットワークを強化

【北京2017年3月28日PR Newswire=共同通信JBN】中国国際航空(エアチャイナ)の夏と秋の運航スケジュールが2017年3月26日に実施された。この新しいスケジュールは102の国際路線を含む395の旅客ルートの構成。14の地域ルート、279の国内ルートで、39カ国(地域)の180都市に就航し、内訳は国際都市64、地域都市3、国内都市113となっている。中国国際航空は週に8500便以上、160万6000席以上を提供している。大規模な運航ネットワークと北京のハブ機能を利用し、特にスターアライアンスに加盟以来、中国国際航空は193カ国、1330の空港に乗客を運ぶことができる。

新しく就航したルートは上海-バルセロナ、北京-アスタナ(カザフスタンの首都)、北京-チューリヒである。2017年、中国国際航空は北京をハブにしながらグローバルな路線ネットワークを拡大し、主要都市を重点にアジア、欧州、北米、南米、アフリカ、オセアニアの6大陸へのフライトを運航する。

夏秋スケジュールの期間中、中国国際航空は上海-バルセロナ、北京-アスタナ、北京-チューリヒのサービスを開始する。5月5日にエアバスA330-200を使用して週3便の上海-バルセロナ線を開始。6月1日にはエアバスA320を使用して週3便の北京-アスタナ線を開始、6月7日にエアバスA330-200を使用して週4便の北京-チューリヒ線を開始する。

こうした新ルートは中国と中央アジア、欧州を結ぶ新しい空の架け橋になり、一帯一路に沿って中国と諸国間の経済交流を円滑化し、経済、貿易、ツーリズム、文化の分野において中国とさらに多くの国との協力の発展を促進する。

米州と欧州へのフライトが増便になる。夏秋スケジュールの期間中、特に米国と欧州ルートにおける10以上の国際線の輸送力を拡大する。米国と欧州に向かう中国人旅行者の数は増加を続けている。その対応として中国国際航空は、北京-ヒューストン、北京-ニューヨーク、北京-ロサンゼルス、北京-ワシントン、北京-バンクーバー、北京-モントリオールの各ルートを大幅に増便し、そして北京-ミンスク-ブダペスト、北京-ワルシャワ、北京-ウィーン-バルセロナ、北京-ミュンヘン-アテネ、北京-モスクワ、北京-パリ、北京-ストックホルム、北京-ミラノ、北京-マドリード-サンパウロ、上海浦東-パリ、上海浦東-フランクフルト、上海浦東-ミラノ、蘭州-成都-フランクフルト、成都-パリといった欧州ルートも大幅に増便することで旅客のニーズに応える。

米国と欧州へのルートに加え、北京-大連-広島、成都-ラサ-カトマンズ、そして成都-香港といったアジアルートも増便になる。

北京-台北のCA189/90便の就航日は月、水、金、日から月、火、木、土に変更になる。

中国西部への便数も増える。国際線ネットワークを強化する一方で、中国国際航空は継続的に国内線ネットワークも改善している。夏秋スケジュールの期間中、特に北京-コルラ、北京-ウルムチ、北京-ウルムチ-アクス、北京-遵義、北京-六盤水、北京-西昌といった北京発の国内線も増便される。

同時に北京-アモイ、北京-杭州、北京-十堰、北京-張家界といった中国の東部と南部地域へのフライトも増便になる。同様に北京-臨フェン、北京-通化、北京-ウランチャブ、北京-佳木斬、北京-青島といった中国の北部地域ルートも増便になる。

北京-マドリード-サンパウロのルートに投入されるのはボーイングB787-9ドリームライナーである。この夏秋スケジュールの期間中、中国国際航空はボーイングB787-9ドリームライナーを北京-マドリード-サンパウロ、そして北京-深センのルートで使用して乗客に一層快適な旅行体験を提供する。これ以外で中国国際航空がボーイングB787-9を使用するルートは北京-上海、北京-広州、北京-成都、北京-ローマ、北京-ロサンゼルス、北京-オークランドである。

Logo - http://photos.prnasia.com/prnh/20161031/0861611348LOGO

ソース:Air China

Tue, 28 Mar 2017 13:40:00 +0800
新ホテルブランド「節語間」、鳥鎮で起工式開催

-江南水郷に現代感溢れる新たなランドマーク、ミレニアル世代の需要に応える-

【上海2017年3月21日PR Newswire=共同通信JBN】

新ホテルブランド「節語間」(英文名: Chapter & Verse) が、第一号店の起工式を中国の水郷、浙江省烏鎮にて開催しました。
5000平米の敷地を有するこのデザイナーズホテルでは水郷らしい景色を満喫する事ができ2018年春に開業を予定しています。

ホテル中庭パース
ホテル中庭パース

当ホテルは中国で増えつつあるクリエイティブクラスや自立心に溢れる旅行者の期待に応えるとともにミレニアル世代に新たな体験を与える事を重視しています。
また、様々なクリエイティビティを融合し、日常生活に詩的情緒あふれる居場所を創り上げる事を目指しています。
これらのシンプルでインスピレーショナルなデザインとブランドストーリーは訪れた人に豊かな発見する喜びを感じさせるでしょう。

客室はスイート・ルームを中心に30室の客室と2棟の独立した別荘があります。その内の別荘1棟にはアーティスト用のスタジオとギャラリーが設けられています。ホテル館内にはスパ施設があり、和風の岩盤浴、サウナ等が完備されています。多くの客室には庭を望めるプライベートテラスやアウトバス等、室内には独立した浴槽と広々としたリビングルームがあり快適な時間を過ごす事ができます。
料金は1泊800~4200人民元を予定。(季節により若干の変動があります。)
場所は上海や蘇州から車で2時間ほどの距離に位置しており烏鎮風景区の近くです。

同ホテルは建築デザインがNYの設計事務所、<New Practice LLC>が手がけそのデザインはシンプルな現代建築との水郷である烏鎮の伝統要素を調和させています。
ブランディングは横浜のデザイン事務所、<NOSIGNER>
ランドスケープデザインは大阪のランドスケープ事務所<株式会社E-DESIGN>
照明デザインは星のや東京を手がけた<ICE都市環境照明研究所>
内装デザイン及び運営コンサルタントを<UDS株式会社>
がそれぞれ担当しています。

編集者へ

「節語間」ホテルについて

節語間 (英文名: Chapter & Verse)は、中国市場でハイクラスの旅行者向け独立系ホテルブランドです。こだわりのデザイン、充実な施設や配慮の行き届いたサービスを提供し、独特且つ快適な滞在時間をお楽しみいただけます。

(日本語リリース:クライアント提供)

Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20170320/0861702208

Tue, 21 Mar 2017 16:05:00 +0800
中国国際航空、旺盛な国際線需要で新たに路線開設

【北京2017年3月1日PR Newswire=共同通信JBN】

2017年5月より、中国国際航空(エアチャイナ)は、北京―チューリヒ、北京―アスタナ(カザフスタン)、北京―ジャカルタ、上海―バルセロナ、深セン(中国)―ロサンゼルスの国際5路線を開設する。国際線の新規路線の低調とビジネス利用の持ち直しを背景に、これらの新路線は中国国際航空に世界市場へのさらなるアクセスを与え、中国国際航空の2017年の国際的なプレゼンス拡大への自信を反映するものとなる。

先ごろ終了した春節大移動期間中、中国国際航空の国内・国際線旅客の増加率は同社が多くの路線に投入した装備の伸びを上回り、ペイロードと営業収益は大幅増かつ予想を上回った。アウトバウンド旅行の需要は引き続き旺盛で、とりわけ7日間の春節期間にはアウトバウンド旅行者は600万人に上り、中国国際航空はイギリス、スペイン、イタリア、ニューヨーク、ロサンゼルス、ハワイなどへの路線で国際線座席利用率が3.1%増の82.4%と、見事なパフォーマンスを見せた。春節期間の搭乗行動の分布から、乗客が移動のピーク期を避けようとしていたことがわかる。家族旅行が大幅に増加しており、春節期の需要曲線をなだらかにし、当社に好収益をもたらした。

2017年は、原油の国際価格が安定傾向にあり、中国人民元の変動も落ち着いていることから、中国国際航空は旅行への旺盛な需要に積極的に応え、人気のある国際市場でのプレゼンスをさらに拡大し、さまざまな機会をとらえ、グローバル路線ネットワークの展開をたゆまず改善していく。間違いなく、これは中国国際航空が目標とする「国際的競争力を持つ、大グローバル・ネットワーク・キャリア」へと歩を進める助けとなる。

Logo - http://photos.prnasia.com/prnh/20161031/0861611348LOGO

ソース:Air China

Wed, 01 Mar 2017 17:59:00 +0800
貴安新区にVR産業発展を目指して北斗湾VRタウンを建設

【貴陽(中国)2017年2月28日PR Newswire=共同通信JBN】中国中西部貴州省にある国家レベルで承認された貴安新区(Guian New Area)は、急速に発展しているVR(仮想現実)産業の開発をサポートするため優遇政策によって裏打ちされたイニシアチブとして北斗湾VRタウンを設立することにより、VRにおけるチャンス実現のため全セクターにわたり事業を支援している。

貴安新区の高峰郡に位置する北斗湾VRビレッジ(Beidou Bay VR Village)は、産業プランニングと展示、科学教育・プロモーション、フィールドトリップ・体験、革新と起業家精神、貿易・展示のプラットフォームの5つの機能を統合した新しいタイプの村である。

ビレッジには、2019年までに年間総数150万個のVR関連ハードウエア機器を生産する50の企業が収まる見通しである。さらにこれらの企業は50万件のソフトウエア・コンテンツ取引とヘルスケア、建設、プランニング、教育を含むVR産業に対する10万件のソリューションを完成させる見通しだ。ビレッジの年間総収入は10億元(1億4549万米ドル)となる見通しで、8000万元(1160万米ドル)の税収貢献となり3500の新しい雇用を生み出す。

貴安新区の北斗湾VRタウンは、VR関連産業に関する研究、開発、製造、サービスサポートなど必要とされるインフラすべてを構築することでVR産業の発展を支援する目的を持っている。これらのイニシアチブには、インキュベーターサポート、デモセンター、貿易サービス、訓練、さらに観光支援まで含まれている。新区は最近、4つのメジャーセンターを完工した。Weiai Education Pavilion、産業プランニングセンター、VRアプリケーションセンター、農業体験を備えた観光用VRセンターの4カ所で、それぞれが個別にVRアプリケーションと革新のすべてを紹介する。北斗湾VRタウンは2017年5月の第1段階完工を目指し、さらに開発が進行中である。

貴安新区は2016年10月、「仮想と現実のコラボレーション」をテーマに2016年貴安VRサミットを主催した。このサミットにはVR技術を教育、観光、ゲームに応用するための洞察を共有するためHTC、Facebook、北京大学、北京航空航天大学からトップクラスのインターネットプレーヤーや開発者が参加し、拡張現実の開発について討議した。貴安当局はサミット期間中、貴安新区におけるVR関連事業の発展を支援する10の政策を発表して全面的な後援を表明した。

貴安当局はこのイニシアチブに従い、新区に参入するコンテンツ開発、投資ベンチャー、産業インキュベーターをサポートするため報償や補助金を提供する。報償は200万元(29万782米ドル)以上の知的財産を産み出した中国の組織・研究所に100万元(14万5390米ドル)が贈られる。またVRインキュベーター・サポートプロバイダーには500万元(72万6955米ドル)までの一時金が支給される。

▽貴安新区について

貴安新区は中国における8番目の国家レベルの新区である。中国西部の経済成長の重要な牽引者、経済開発における新分野の開拓および健全かつ活力のあるエコシステム・ゾーンのベンチマークになる-という3つの大きな責任を持つ。

Tue, 28 Feb 2017 16:59:00 +0800
Ctrip Corporate Travelがアジア太平洋法人旅行サミットで新旅行管理戦略発表

【北京2017年2月28日PR Newswire=共同通信JBN】ビジネス旅行管理業界で最も重要な年次イベントの1つである2017 Asia-Pacific Corporate Travel Summit(アジア太平洋法人旅行サミット)が2北京で017年2月21日、中国の大手旅行管理会社Ctrip Corporate Travelの主催で開催された。「TM+:ビジネス旅行エコシステムの変革」のテーマで、航空会社、ホテル、ビジネス旅行の決済処理・支出管理会社などのビジネス旅行エコシステムの有名企業や、会議・旅行インセンティブ・コンベンション・展示会(MICE)のサービスプロバイダーがサービスの向上を促進する狙いで現在の業界動向に関する分析に焦点を当てた詳細な議論を行った。

The 2017 Asia-Pacific Corporate Travel Summit
The 2017 Asia-Pacific Corporate Travel Summit

▽TM+: ビジネス旅行エコシステムを変革する

Ctrip Corporate Travel と世界最大のビジネス旅行組織Global Business Travel Association (GBTA、国際ビジネス旅行協会)による2016年の市場データに基づくリポートによると、中国のビジネス旅行支出は2016年に2900億米ドルに達し、米国に次いで2位となった。

市場規模が拡大するにしたがって業界のアップグレードの必要性も高まっている。Ctrip副社長のファン・ジキンCtrip Corporate Travel最高経営責任者(CEO)はサミットの開幕講演で「ビジネス旅行管理によるコスト削減の基本的な需要に加え、企業顧客は現在、効果的で統合されたビジネス旅行管理システムを通じた経営管理効率の向上を求めている。企業顧客による要求の変化と自社のバリュー・プロポジションの向上を求める業界のニーズは、ビジネス旅行業界の変革を推進した。この事実を基礎にCtrip Corporate TravelはTM+戦略を打ち出した」と述べた。

包括的、セルフサービス、スマートはビジネス旅行管理「TM+」時代の3つの主要な機能である。「包括的」に関しては、まず水平的には、製品が航空券やホテルの予約からプラットフォーム、MICE、その他の旅行関連インセンティブへと広がり、異なった部門や分野にまたがっており、統合的なサービスが可能であることだ。垂直的には、手続きプロセスが予約や支払いからフロントエンドのビジネス旅行アプリケーションや承認へ拡大し、同時にバックエンドの払い戻し、分析を伴って、エンドツーエンドのプロセス管理とコントロールを提供する。

セルフサービスに関しては、TM+は、業界をセルフサービス予約、ビジネス旅行承認と決済から、顧客のオンボーディングやメンテナンス、経費監査と精算、旅行者プロファイル変更、電子インボイス送付と検証などを含む完全に総体的なビジネス旅行管理プロセスへと変貌させる。スマートに関しては、過去の旅行歴から得られた旅行者の好みに基づきスマートでかつコスト効率のよいお勧めプランを提供し、また業界全体のビッグデータのアプリケーションを通じて、企業全体と個人支出の比較分析に基づくスマートなリポートを提供する。

▽全プロセス:ビジネス旅行管理業界全体にわたる新基準

ビジネス旅行管理の変革を求める顧客からの強い要求を受けて、Ctrip Corporate Travelはサミットで、グレードアップした同社アプリの全プロセス・バージョンを発表した。新アプリは承認、予約、移動中の予算外の支出および旅行後の払い戻しなどいくつかの機能をアップグレードしており、インテリジェントで統合された包括的なワンストップのビジネス旅行管理サービスを提供している。これらのアプリのアップグレードは、顧客がビジネス旅行コストを削減し、旅行管理の効率を向上させるのに役立つ。

Ctrip Corporate Travelは今後も、ビジネス旅行エコシステムのアップストリームとダウンストリームのプロバイダーを引き続き結合し、業界を主導するオフィスオートメーション(OA)システム、コスト管理償還ソフトウエアおよび旅行サービスプロバイダー、企業調達プラットフォーム、および社会、金融プラットフォームとの深い戦略的協力を模索する。これらのすべては、TM+のより想像力に富むコンポーネントを探索、開発し、ビジネス旅行管理業界のさらなるサービス強化をもたらすための努力である。

Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20170227/0861701636

Tue, 28 Feb 2017 17:02:00 +0800
貴安新区は優先的戦略サポートでハイエンドサービス産業を促進

【貴陽(中国)2017年2月27日PR Newswire=共同通信JBN】中国南西部の貴州省にある国家水準の経済圏、貴安新区(Guian New Area)は2017年、イノベーション・プラットフォーム開設を促進する刺激策をとることによって、ハイテクが組み込まれた基幹産業を積極的に開発する。

First CRH (China Railway High-Speed) Train Enters Guian
First CRH (China Railway High-Speed) Train Enters Guian

機械、医薬品、電機などの伝統的産業は、貴安の最新成長戦略、およびこれらの産業の技術向上、バリューチェーン上昇を助ける努力の恩恵を受ける。

HXT Semiconductor Technology Co.は、貴州省政府と米大手半導体企業Qualcommの提携を実現した。中国の知的所有権を伴った信頼性のある制御可能なチップを開発する任務を負うHXT Semiconductorは、半導体市場のギャップを埋めるため10 nm ARMチップの発明に努める。

Zhongde Hiccom Precison Productionは高精密機器、先進技術、国際競争力のある製品のプロジェクトである。このプロジェクトが完了すれば、数値制御機器3000台以上の年産能力を備え、貴州省のコンピューター化数値制御(NC)工作機械の全体的な加工能力を強化する。

Guizhou Dekena Precision Equipment Manufacturing Co.が開発したS0020001-4高精密全自動エアバルブ検査センターは、中国企業が独自に開発したこの分野で初の検査センターである。「インダストリー4.0」技術を適用することによって、Dekenaは検査効率を40倍増強した。

貴安新区は文化・観光資源に恵まれて「東洋のスイス」を目指しており、市街地と丘や湖、森、草原が調和する極めて牧歌的な風景を観光客に提供する。

上海昆明高速鉄道の開業に伴い、貴安新区の観光ビジネスは急成長が見込まれている。2018年3月には高速鉄道の貴安駅が供用開始され、ユンマン湖国際リゾート、スイス村、Wanmu Cherry Gardenなど一帯の名所の多くは、観光客が週末や休暇の訪問先として真っ先に選ぶことになりそうである。

ハイエンド製造パークのチェン・ヨンジ副所長は「貴安新区はシステム・イノベーションの観点から新境地を開き、基幹産業を飛躍させる内陸都市・省のモデルを生み出すことを目指している」と語った。

貴安新区の開設以来、投資総額287億人民元(約41億7000万米ドル)の新医薬品プロジェクト17件の契約が調印され、このうち8億2000万人民元(約1億1900万ドル)がすでに投資されている。

▽目標

貴安新区は2017年、ハイエンドサービス、その他の産業を推進して、今後さらに拡張する基礎を築く。これには3つのサービスセンター(貴安免税地区、Huaxi University Town、Seven Star Lake Technology Town)や2018年に仮想現実(VR)、半導体、医薬品などのサービスを提供するベース10カ所が含まれている。

▽貴安新区について

貴安新区(Guian New Area)は中国8番目の国家水準新区で、中国西部の経済成長の原動力、経済開放の分野での新境地開拓、健全で活気あるエコシステムゾーンのベンチマークという3つの主要責任を負っている。

Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20170223/0861701480

Mon, 27 Feb 2017 16:29:00 +0800

 12345678 

全球新聞股份有限公司 大台灣線上訂房中心 Tra好康 TraNews手機新聞
版權所有 大台灣旅遊網 翻用必究 歡迎全頁連結,但禁止擅自轉貼節錄